MENU

美容電気脱毛(ニードル脱毛)の特徴

フラッシュ脱毛とレーザー脱毛がほぼ同じ原理であることはすでにお分かりいただけたでしょうか。
では、もうひとつ脱毛の方法として知られている、美容電気脱毛(針脱毛)について考えてみましょう。

針脱毛はニードル脱毛とも呼ばれるもので、毛穴のひとつひとつに針を刺し、電流を流して毛母細胞を死滅させ、脱毛していくという方法です。
レーザーやフラッシュと違って、毛穴のひとつひとつにはたらきかけていく方法で、その場で毛がポロリと抜けていきます。
他の二つの方法と違って、体毛を伸ばしておく必要があるため、秋冬など肌を露出しないシーズンに行うのがオススメです。

針脱毛は非常に根気のいる脱毛方法だと言えます。
根気が必要なのは施術を受ける方だけではなく、施術をするほうにとっても同様。毛穴に目を凝らして、針を刺して、電気を流す...という気の遠くなるような時間のかかる作業なのです。

そのため、パーツごとではなく、時間単位で料金が請求される場合もあります。
ここでトラブルの原因となるのが、担当する人によって施術時間にばらつきが出てくるというところ。
場合によっては「施術者がおしゃべりばかりしていて、時間内に処置できた範囲が狭かった」ということも起こりうるのです。

そして針脱毛の最大の欠点と言えば、痛みの強さでしょう。
デリケートゾーンなど、パーツによってはとても耐えられる痛みではないので、麻酔の注射をうって施術をしてもらわなければならないところもあります。

永久脱毛と謳っている針脱毛でも数年経過して、またムダ毛が生えてきた...というケースも少なくありません。
あんなに痛い思いをしたのに、なぜ?と後悔する人もいるそうです。
針脱毛は痛みに弱い人、手ごろな価格で脱毛をしたいと考えている人にはあまりオススメできる脱毛方法ではないと言えます。 今はフラッシュ脱毛が主流になっているので、そちらを選んだほうが圧倒的に料金が安く、痛みも少なく、早く脱毛が終わりますよ♪