MENU

レーザー脱毛の特徴

フラッシュ脱毛が一般的になるまで、ボディの脱毛といえば、レーザー脱毛が一般的でした。
ではレーザー脱毛とはどんな脱毛方法なのでしょうか。

レーザー脱毛もフラッシュ脱毛としくみは同じで、体毛のメラニン色素に反応する光をあて、毛根や毛母細胞に作用させて脱毛させるというものです。

ただし、フラッシュ脱毛に比べると、レーザー脱毛は狭い範囲に光を集中させて脱毛するというもので、1回の施術で脱毛できる範囲はフラッシュ脱毛よりも狭くなります。

最近は家庭用のレーザー脱毛器も出回っていますが、照射範囲が狭いため、自分で処理すると疲れてしまって続かない...という声も多いようです。
また、レーザーは色素が薄い体毛には反応しにくいこともあります。

フラッシュ脱毛との最大の違いは医療機関でしか施術を受けられないということでしょうか。
レーザー脱毛の光はフラッシュ脱毛よりもパワーが強力であるため、施術は資格をもった専門の施術者しかできないことになっています。

万が一トラブルがあったときにも医療機関なら適切な処置をすることができます。
このような背景もあって、レーザー脱毛はフラッシュ脱毛よりも料金が高めに設定されています。 レーザー脱毛はパーツによってかなり痛みを感じる場所もあるため、施術を受けるのがストレスになる場合も少なくありません。

また、医療機関だからといってトラブルがゼロというわけではないのです。
とにかく患者数をこなして利益をあげたい美容皮膚科などはきちんとした説明をせずに施術をはじめて、トラブルになることもあるようです。


全身脱毛の専門サロンであれば、きちんとしたカウンセリングを無料で受けることができ、費用も痛みもレーザーの半分以下で済みます。

というわけで、脱毛を考えている場合はフラッシュ脱毛のサロンを選ぶ方が増えているんですよ。